So-net無料ブログ作成
検索選択

マークエステル画伯 [お知らせ]

マークエステル画伯から寒中見舞いをいただきました。
見よ、この素晴らしさ!思わず絶句。
感動を分かち合いたい。

CIMG2818.JPG
宇宙からのメッセージが神秘的であり、無限に向かって行く深遠な世界が感じられませんか?




油絵と日本古来の墨絵を融合させた表現法は、他の比類なき至芸である。
「文化奨励賞」受賞のきっかけになった『古事記絵巻』
s-CIMG2392.jpg
マークエステルが完成するのに10年の月日と情熱を費やした、最高傑作画集「日本神話」は 200点以上の作品を納めた画集でもあり、また日本の神話(古事記)について、日本語、英語、フランス語で学べる物語本でもあります。大きさ 350mm X 300mm 重さ 4.2kg の本書は、インテリアとして飾って頂いても迫力があります。


マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ
visual01[1].jpg


マークエステル、本名マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ。彼は800年続く名門の出身である。スキャルシャフィキ家の起源は祖先がドイツからイタリアのジェノバに移り住んだ12世紀の初頭にさかのぼる。同世紀半ばにローマ法皇から貴族に列せられた。

マークエステルは1943年2月26日、パリに生まれる。 1945年、両親が「バナヌレイホテル」を開業した南フランス、エズ・ボード・ドゥ・メールに家族と移り住み、1951年に「ル・カップエステルホテル」が新しく開かれてからは一家で同ホテルに居住した。カップエステルとは「星の岬」の意味。ホテルはニースとモンテカルロの中間、紺碧の地中海に面したコート・ダジュールの海辺に突き出た岬の断崖に建つ。壮大で絵のように美しい周辺の景観がマークエステルの芸術に寄せる強い憧憬にインスピレーションをあたえる源泉となったに違いない。

彼は誠実を重んじると同時に大らかで自由な家風の中で育った。また、このホテルに滞在する客は世界中のそうそうたる名士が多く、家族的なホテル内で自然に客たちと親しく交わる特異な雰囲気の中で育った。

ーーー米国大統領だったケネディ家の人々、フランス大統領ポンピドー一家、ポール・ヘンリー・スパーク、映画俳優ではローレンス・オリビエ卿、デビッド・ニーブン、チャーリー・チャップリン、グレタ・ガルボ、アンソニー・クイン、アラン・ドロン、ジーナ・口ロブリジッダ、ベガム、更にモナコの故グレース王妃といった特別の人々もマークエステルにとっては青春時代のごく親しい存在であった。

 近くに住んでいた世界的画家マルク・シャガールとも個人的な知遇を得る。このような特殊な経験がマークエステルの将来の人生展望に大きな影響をあたえたことは間違いない。
(画伯のホームページより)

なお、画伯とは友好関係があり、これまでにこのブログで過去4回アップしてます。
ーーー2012.1/9, 2/6, 2/13, 5/26
    (ご参考までに一部再録します)
コピー ~ CIMG2406.JPG
(個展会場で画伯直筆)


Image026.jpg
(北海道小樽「住吉神社」奉納式典にて)


コピー ~ CIMG2410.JPG
(画伯直筆の絵を頂きましたーーー“愛の道”)



画伯は1996年10月、第1回伊勢神宮(三重県)奉納をスタートに、
2012年10月時点で第95回も奉納をされている。
画伯の作品は、引き続き全国津々浦々に奉納され、第108回まで予定である。

画伯のホームページは
http://marcestel.net




nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 24

コメント 2

美美

ご訪問ありがとうございます。
by 美美 (2013-02-19 10:09) 

北のほたる

前号の“サプサリ犬”に心温まるお言葉ありがとうございました。
お返しが遅れてしましました。
なにせ、気まぐれブログですので平にご容赦をーーー。
by 北のほたる (2013-02-20 05:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る